家族思いでカッコいい軽自動車1BOXファミリーカー『アトレー』の総合情報ファンサイト
アトレーワゴンファン  

尾畠春夫さんの愛車はアトレーワゴン

尾畠春夫さんの愛車はアトレーワゴン尾畠春夫さんは大分県在住のスーパーボランティアとテレビで有名人で、元魚屋です。
愛車はアトレーワゴンです。
78才ボランティア道は人々を感動させます。

所で、アトレーワゴンが愛車には理由があると思います

ウィキによると、
アトレーワゴンに食料や水、寝袋などの生活用具を積み込み、助ける相手側に迷惑をかけないのが信条。
「自己完結するのが真のボランティアだ」という。
ボランティア時の食事はパックご飯とインスタントラーメン。
パックご飯は温めるとガス代がかかるのでそのまま食べる。
寝泊まりするのはアトレーワゴンの後部座席で、
被災地のどんな環境でも寝られるようにするため、
普段からゴザの上で寝る習慣がある。ボランティアに使用するアトレーワゴンは
2018年現在13年間使っており、走行距離は約20万km。
故障したことは一度もない。
ボランティア時は風呂もシャワーも浴びず、帰宅後温泉に3-4時間入る。

尾畠春夫さんがアトレーワゴンを選んだ理由は3つ

軽自動車は維持費が安い

尾畠春夫さんが選ぶ理由は維持費の安さでしょう。
軽自動車は税金が安い。
壊れにくいので修理代もかからない。
これだけで年金だけで日本全国ボランティアに回る尾畠春夫さんの懐事情に合うでしょう。

耐久性、壊れにくさは貨物用だからです

アトレーワゴンはもともと貨物用の車なのでドライブシャフトがついて後輪駆動です。
ですが壊れにくい。
日本の商用車は軽自動車であっても世界一の耐久性ですね。

さらに、重要なのは居住性です

ワンボックスカータイプが車中泊するならの第一選択になります

このアトレーワゴンの年代の車種登場時はハイトワゴンはあまり流行っていない時代なので、ワンボックスカータイプが車中泊するならの第一選択になります。

壊れにくい税金も安い軽自動車で車中泊できる広さと言えば、アトレーワゴンとなったのでしょう。


軽自動車のターボが燃費が悪い理由車パーツ市場燃費改善マニュアル自転車の種類
Copyright (C) INDEPTH. All rights Reserved